~・~・~ スケジュール ~・~・~

そして、バトンは渡された/瀬尾まいこ

血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった十七歳の優子。だが彼女はいつも愛されていた。

本屋大賞と聞いてすぐに買ってしまった本。帯を見て複雑な家族の苦悩みたいな物語を想像してたけど…違った。複雑な家庭環境でも優子は全然不幸じゃない。それぞれの親にそれぞれ違う形の愛情を受ける。血の繋がりだけじゃない、お互いを思い合う気持ちが家族を家族にしていくー。とても暖かい気持ちになる物語だった。だけど、二人目の母の梨花には嫌悪感を覚えてしまうな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました